東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > 資金計画/住宅ローン > 「繰り上げ返済」について②

CONTENTS

「繰り上げ返済」について②

住宅ローンの賢い返し方について検証してみよう!!
2/9の日経新聞に参考になる記事が載っていました。
住宅ローンについて、以前はできるだけ早い段階に繰り上げ返済をした方が利息の支払いを抑えられると言われていました。
しかし、昨今「住宅ローン減税(控除)」の制度ができ、早い段階で残債額を減らしてしまうと節税効果を減らしてしまうのでは?ということも考えると、いつどのタイミングでどのようにするのが自分にって一番効果的なのか…?。言われてみれば確かにその通りですね!
人それぞれ状況によってやり方やタイミングが違ってくるので、意外と皆さんわからないのではないでしょうか。

記事によると、金利が2%、3%と高ければ早い時期での繰り上げ返済の利息軽減効果の方がはるかに大きくなるのでさほど気にしなくていいようですが、現状のように金利が極めて低い場合は微妙です。

繰り上げ返済は負担軽減に有効ですが、だからといって無理して一律的に返済額を増やすのは得策ではありません。子供のいる家庭では教育資金や自分の老後資金と他に長期的に備えるべきお金があります。それを踏まえてローンの返済計画を決めることが重要でしょう。

境目の一つの目安としては、借入金利が1%(記事によると0.88%)程度ということです。
これより高い場合は早めの繰り上げ返済が効果的で、反対にそれより低い場合は繰り上げ返済の時期を遅らせた方が概ねいいようです。

借入額や返済期間、繰り上げ方法、家族構成など条件が変わればその人によってそれぞれ効果は大きく変わる可能性があります。
自分の条件に合わせて一度検証されてみることをお勧めします。


※H31.2.9 日経新聞記事参照
「資金計画/住宅ローン」コンテンツ紹介
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください