東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > ブログ > 営業ブログNEWS > カクイホ-ム史上最も気合を入れたリフォ-ム!③

更新日:2021/11/29

カクイホ-ム史上最も気合を入れたリフォ-ム!③

    柱の多くが腐り、基礎部分の老朽化によって基本構造部分に多くの問題が発覚した       「カクイホ-ム史上最も気合を入れたリフォ-ム」第3弾
今回は基礎部分をジャッキアップにより新しい物へ作り直した後、どの様に工事が進んでいったのかその続きになります。
次は柱部分、使えない部分を新しい木に交換する作業です。

近年では柱や梁などの建材はプレカット工場にて加工済(建材同士をつなぎ合わせる為のくぼみなど)の建材を納品して現場にて組み立てるのが主流です。昔の大工さんのように「蚤(のみ)や鉋(かんな)」を現場で多用する大工さんはほとんど見かけません。この作業をする為には熟練の技術と経験が必要になってきます。多くのハウスメ-カ-が抱えている大工さんの中でもこの作業は出来ない方がほとんどです。
プレカット技術が進んだがゆえに必要がなくなってしまった技術、しかし今回のリフォ-ムは   このたしかな技術を持った大工さんがいたからこそ出来たリフォ-ムとも言えます。         「ありがとう、大工さん・・・・(ノД`)」
※ 材木問屋や営んでいたカクイホ-ムには昔ながらの技術を持った大工さんが          今も活躍しています。

作成した建材を再利用できない部分に差し替えていきます。
「社長・・・・なんか新しい柱と既存の柱で人造人間みたいになってます・・・」           社長「・・・・・・うん・・・・・・」

基本構造が固まれば木工事を進めていけます。


サッシ・防蟻処理・配管工事など

外壁・玄関ドアなど設置 ここまでくればあの凄まじい状況からリフォ-ムが完成するまで    あと少しです。 
解体時には多くの衝撃を受けたリフォ-ムもようやく通常運転が出来る状態になりました。     最後の写真を見てわかる通り随分家らしくなってきました。次回で完結です。
カクイホ-ムでは当社工事部の心を震わせるリフォ-ム案件を待っております。この記事のように 再建築不可・重機の持ち込み不可な案件など諦めていた物件のリフォ-ムがありましたらぜひご相談ください。
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください
WEB会議に対応しております。ご希望の方はその旨お伝えください