東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > ブログ > 営業ブログ > 『省エネ住宅に上位等級』

更新日:2020/12/14

『省エネ住宅に上位等級』


国土交通省は省エネルギー住宅の新しい基準をつくる検討に入ります。現在は4等級ある断熱の性能表示制度を改め、より高性能の5段階目を設けます。2021年春から、省エネ性能が高いほど家電などと交換できるポイントを多く付与する制度も併せて始めます。



日本の二酸化炭素(CO²)排出量の約15%占める家庭部門の排出削減に向けて省エネ住宅の普及を促すのが狙いです。
新設する最高の等級5に認定する具体的な基準は今後詰めるとのことです。断熱性の一段の向上や、より高効率の太陽光発電設備の設置などが想定されています。

現在の最高水準の等級4は建築物省エネ法で定められた基準を満たす必要があり、太陽光パネルや断熱材でエネルギー消費を実質ゼロとするZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などが対象となっています。

自動車業界でも2030年前半を目処にガソリン車の新車販売禁止が打ち出されるなど、自動車の電動化が進み、カーボンニュートラル(二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロの状態)に向けた規制強化が「日本版ZEV法」にあたるのでは? という見方があります。
「ZEV」とは、「ゼロ・エミッション・ヴィークル(Zero Emission Vehicle)」の略であり、排出ガスを一切出さない電気自動車や燃料電池車を指すものです。

どの業界のおいても地球環境にやさしいモノづくりへ急激に舵が切られてきています。


※引用記事:2020.12.13日経新聞


【フルオーダー住宅TOPページ】
 https://www.kakuihome.com/build/full_order.html
【セミオーダー住宅TOPページ】
 https://www.kakuihome.com/build/semi_order.html

住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください
WEB会議に対応しております。ご希望の方はその旨お伝えください