東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > よくあるご質問 > 地盤の調査や補強方法はどのようにしていますか?

地盤の調査や補強方法はどのようにしていますか?

ここでは木造の地盤補強についてお話をします。私の記憶ですが、社会的に木造で地盤補強、特に2階建てでもしっかりと地盤調査をして必要な補強工事をし始めたのは1980年代後半くらいからだったのではないかと認識しています。当時1978年の宮城県沖地震を受けて建築基準法で新耐震基準に改正されたのが1981年(昭和56年)6月1日ですが、ここで「大地震が来ても人命にかかわる甚大な被害が出ないこと」という考え方の基準ができ、具体的には
・震度6強から7に達する大規模地震で倒壊・崩壊しないこと
・震度5強程度の中規模地震ではほとんど損傷しないこと
という基準になりました。このころから耐震に関する関心が高まっていったような気がします。そして今ではほぼ地盤調査をするのは当たり前になり、必要な補強を施すことは基本中の基本になってきていると言って良いと思います。もし、建築をご計画の方でそれが出来てないようであればご注意ください。

そして木造住宅の地盤の補強方法によく用いられている方法はいくつかあります。
①地盤改良工事(柱状改良工事)
②地盤改良工事(表層改良工事)
③鋼管杭
とこの3種類がメジャーな工事のしかたかと思います。

①の工法はもっともよく用いられる工法で地表面8M以内の軟弱部分に対して行われる補強のし方ですがそれも選択に注意すべきいくつかの方法があります。
A.セメント系固化剤を使用するもの(六価クロム未対応の工法)
B.セメント系固化剤を使用するもの(六価クロム対応の工法)
C.砂利を使って地中に強度のある柱を作り支持力を高める工法

比較的昔から使われてきたAの工事の仕方は近年、六価クロムという発がん性物質が発生することがわかり、大変に問題になっている工事のし方です。今でもこのセメント固化材を使用している工務店は問題と思われます。

また、Bの工事の方法は発がん性物質の問題も対応していてよいのですが、A・Bともに地中に固いセメントの柱を作るような工事のし方です。将来的に家を売却するようなことがもし万が一あったとしたとき・・・。建物だけ解体するだけではなく、地中埋設物として埋まっているこの地盤補強した部分も撤去を求められる可能性がありますので、最近徐々にこの問題がクローズアップされてきています。

Cの工事は比較的近年出てきた工法ですが、地中にコンクリートではなく、砕石と呼ばれる砂利のようなものを押し固めて柱を作り強度を高める工法で、上記に述べたBの工法のように地中埋設物として撤去を求められることはない工法です。もちろんきちんと強度の検証もできています。ただ住宅用の補強方法として比較的月日の浅い工法ですので大地震などに対して実際にどのとうな力を発揮するのか未知数な部分があるように思えます。

②の工法は比較的地表面1~2m程度の表層部分が軟弱な場合に施工します。

③鋼管杭です。これは軟弱地盤が8m以深の深い部分まで続く場合や土質が固化材との相性の悪い場合に用いられる工法です。
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください