東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > よくあるご質問 > 防火地域で木造の3階建て建築が出来ますか?

防火地域で木造の3階建て建築が出来ますか?

過去に防火地域での木造の3階建て以上、もしくは100㎡を超える建物は木造では建築の許可が下りないことがありました。それが2004年日本ツーバイフォー建築協会が「枠組み壁工法」で大臣認定を取り、2006年に日本木造住宅産業協会が軸組み工法で大臣認定を取りました。それから少しづつですが耐火木造建築物の建築が建つようになり、今ではそれほど珍しくない建て方になってきております。ただ、一般的な木造建築とは違い特殊な施工方法と管理ノウハウが必要で、分譲住宅などでは比較的多いようですが、本格的な注文住宅で木造耐火建築物をしっかり設計し監理し、施工できる工務店やハウスメーカーはまだまだ少ない状況です。やはり、鉄筋コンクリート造や鉄骨造で耐火建築をするには木造と比べるとかなりコスト増になってしまいますので、この木造耐火建築という建築の仕方は今後着実に伸びてゆくものと思われます。

カクイホームでは早い段階から注文住宅を木造耐火建築で建ててきた実績がございます。是非ご相談お待ちしております。
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください