東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > 資金計画/住宅ローン > 「つなぎ融資」・「分割実行」について

CONTENTS

「つなぎ融資」・「分割実行」について


■つなぎ融資について
金融商品の一つで土地と建物を別々に融資してもらう場合、また建物を何度かに分けて支払う注文住宅などの場合に必要な融資方法です。
全ての金融機関が行っているわけではありませんので必要な場合には最初に確認しておきましょう。

基本的に「つなぎ融資」は建物完成までに必要な資金を途中で融資してくれるもので、本来借りる住宅ローンの審査が承認されることが条件になります。その本体融資とは別の融資で、その期間だけ借りることができるものが「つなぎ融資」です。金利も異なりますし、期間の限度もあります。

住宅の建築途中の場合、その建物はまだ工事会社の所有になっていますので、建物の引渡し(名義変更)には残金の支払いが求められます。一方、金融機関は住宅ローンを融資する人に名義が変更されて抵当権を設定しなければローン実行できません。一見八方ふさがりのように見えますがここで登場
するのが「つなぎ融資」で、工事会社に支払いを行います。


■分割実行について
「つなぎ融資」同様、金融商品の一つですが、こちらは支払うそれぞれが住宅ローンとなります。
土地は不動産会社の仲介で取得し、工事は住宅会社で着手金・中間金が必要になるような場合は最終ローンの実行が行われるまでに複数回の多額な支払いを行う場面が発生します。
そこまでの自己資金を確保するのはとても大変なことですが、ここで使われるのが「分割実行」で必要な場面で住宅ローンの借入総額を分割して実行してくれます。
例えば土地建物で総額5000万円の住宅ローンの申し込みを行います。土地の売買契約時に取得代金2000万円をまず実行してもらいます。次に工事の着手時に300万円、中間時に1000万円実行してもらいます。そして最終の引渡し時に残金の1700万円を実行してもらうという分割方式です。

実行した分それぞれが一本ずつのローンになる金融機関もありますし、分けて融資実行しても一本のローンになる金融機関もあります。

「資金計画/住宅ローン」コンテンツ紹介
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください