東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > 資金計画/住宅ローン > 「住宅取得に関わる優遇制度」について

CONTENTS

「住宅取得に関わる優遇制度」について


住宅を購入するときや、購入してからの税額が軽減される優遇制度があります。どのような優遇制度があるのか見ていきましょう。

■住宅ローン減税
 一定条件を満たせば、住宅ローン残高の1%相当の所得税が10年間戻ってきます。最大500万円
  (一般住宅は400万円)。
  ※平成33年12月31日までの入居。

■住宅取得資金贈与の特例
 贈与により住宅を取得した時、一定の条件を満たせば限度額まで贈与税が非課税となります。
  ※平成33年12月31日までの贈与。
 平成31年3月までの契約の場合1200万円まで贈与税が非課税。
  (一般住宅は700万円)。
   ※贈与税非課税枠は契約時期、適用される消費税率により変わります。

■長期優良住宅の特例
 「長期優良住宅」に認定されると、一般住宅よりも優遇幅が拡大されます。
  ・所得税の減税。
  ・登録免許税率の引き下げ。
  ・不動産取得税の控除額が増額。


以上、代表的なものを上げてみました。

「資金計画/住宅ローン」コンテンツ紹介
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください