東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > 資金計画/住宅ローン > 「住宅ローンの返済方法」について

CONTENTS

「住宅ローンの返済方法」について


住宅ローンの返済方法には…
 ①元利均等方式
 ②元金均等方式
の2つがあります。
それ以外に途中で返済額を減らしたり、返済期間を短縮するための
 ③繰り上げ返済
という方法があります。①の元利均等はどこの金融機関も扱っていますが、②の元金均等は扱っているところと、いないところがあります。
そして、③の繰り上げ返済を考えている方に対しては手数料がかかる金融機関とかからない金融機関がありますので、繰り上げ返済を重視する方は必ず確認しましょう。

①元利均等方式
住宅ローンの返済方法は月々の返済額が一定の支払いである返済方法が「元利均等方式」です。
一般的には元利均等の方が多く採用されて、家計のやりくりが便利というメリットがありますが、当初は元金分よりも金利分の方が多く設定されていますので、なかなか元金が減らないというデメリットもあります。特に同じ返済金額の中でも最初は借入金額に金利がついているため、金利部分の割合が多いのが特徴です。

②元金均等方式
返済額を均等にするのではなく、借りている元金を月々均等に返済する方法が「元金均等方式」す。元金が均等になるので着実に返済ができますが、最初の頃の金利がその分だけプラスされるので返済額が多くなり、元金が減っていくにしたがって金利が少なくなるので、返済額が少なくなっていきます。総支払額も元利均等より少なくて済みます。

③繰り上げ返済
支払いが始まってからの返済方法として「繰り上げ返済」という方法があります。一定額をまとめて返済する方法で、基本的には住宅ローンの元金部分に充てられますので、その後の金利負担も減り、全体の負担を大幅に減少させることができます。
返済タイプとして返済期間を短くする期間短縮型と、月払いの金額を減らす返済額軽減型の2つがあり選択することができます。

「資金計画/住宅ローン」コンテンツ紹介
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください