東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > 資金計画/住宅ローン > 「繰り上げ返済」について

CONTENTS

「繰り上げ返済」について


住宅ローンの繰り上げ返済には…
 ①「期間短縮型」
 ②「返済額軽減型」
の2つがあり、選択することができます。

①期間短縮型
 返済するべき元金の部分にまとまった金額を充当することによって、その期間にかかるべき金利もなくなり期間の短縮ができます。気を付けなければならないこととしては、期間短縮をした場合に再度期間を延ばすことができないという点です。もちろん違う金融機関に借り換えをしても期間を伸ばすことはできません。

②返済額軽減型
 まとまった金額を元金の部分へ平均的に減らすように充当することによって、月払いの返済額を減らすことができます。それによってその金額にかかる分の金利も同じようになくなり、結果として月払いの金額を少なくすることができます。
 例えば変動金利で借入をしていた場合、途中で金利が上がり月払いが増えてしまった場合など、この方法で繰り上げ返済することにより、月払いを抑えることができます。

どちらのタイプを選ぶかはその時の返済状況や金利の動向などが関わってきます。単純に繰り上げ返済を「返済する上での良い方法」というように勧めたりしますが、まとまった現金を貯蓄しておくことはとても大切なことです。確かに住宅ローンは必ず返済しなければならないものではありますが、長期に渡って返していくものであり、また他のローンに比べて金利も少なく抑えられている優良なローンです。ご自身の家庭に必要な出費や今後の予定などのこともよく考えたうえで判断することが大切です。

もし繰り上げ返済をする場合は、できれば金融機関にシミュレーションなどを作ってもらい、よく相談してから進めるようにしましょう。

「資金計画/住宅ローン」コンテンツ紹介
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください