東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > 住宅を建てたい方 > 混構造

CONTENTS

混構造

混構造という建築の方法


住宅を建てるときにまずはどんな構造で建てるか?一度はお考えになろうかと思います。木造(軸組・2×4)、鉄骨造(重量鉄骨・軽量鉄骨)、RC造・・・、コスト的にはやはり木造が一番安く、RC造は耐震や耐火、防火・防音に優れています。皆さんそれぞれ予算やこだわりで検討されるわけです。
崖地に隣接している土地

ただ、例えば建築しようとする土地の隣が急な崖地になっていたり、構造的な強度が証明されていない古い擁壁が立ち上がっていてそれが土留めになっていたら木造で建替えることは難しいかも知れません。大地震や集中豪雨で水分を含んだりした場合、崩壊する危険が増すからです。そういう場合RC造で土砂がかぶっても安全になるようにRC造で建てたりします。

1階に大開口が必要な場合

また、限られた土地の面積で複数台車をお持ちの場合、道路に面して駐車のために大きく開口を開けなければならなくなったときにはやはり木造では建築ができないかもしれません。

もしくはその土地の中でより広い居住スペースを確保したいときに地下を計画したい場合は地下部分をRC造で造るほかありません。

接している道路に大きな勾配がついている土地


またある場合には敷地に面する道路に大きく勾配がついていて建物の一部が土の中に埋まってしまう場合(地下)、そこはRC造で擁壁兼用の建築物として作らなければなりません。



コストバランスを考えた構造のご提案(混構造)

そんなときにすべてRCなど非木造ですべて造ろうとしたときにコストの問題になり計画がとん挫することもあります。やはり木造とすべて非木造で作った場合に価格差が大きいからです。

そんな時によく弊社がご提案するのが「混構造」です。非木造を必要とする部分だけを木造以外で建築し、あとは比較的安上がりな木造で造る工法です。要はいいとこどりするわけですね。

店舗併用住宅



店舗として貸したい部分は内部をどんな風にも可変可能なRC造で造り住宅部分を木造で造ったり、地下だけをRC造で造る。もしくは隣地の崖が崩れた場合にも安全なように崖が崩れた時に危険な角度を計算し、その部分だけをRCで造ってその上部は木造で造る。という建築のし方です。

必要部分にコストをかけて効率よく建築をする方法です。そのようなご要望がある際にはまずカクイホームへご相談いただければと思います。ご連絡お待ちしております。
カクイホームが対応可能な「住宅を建てたい方」用のコンテンツ紹介
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください