東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > 住宅を建てたい方 > 防火地域でも木造3階建てが建てられる(木造耐火建築物)

CONTENTS

防火地域でも木造3階建てが建てられる(木造耐火建築物)

防火地域で規模の大きい建築や3階以上の建物でも木造で建築が可能です
都市計画のなかでも地域の防災という観点から「建築物の不燃化」ということは非常に重要なポイントになっております。都市計画法第9条20項で「市街地における火災の危険を防除するため定める地域」として「防火地域と準防火地域」が規定され、建築基準法でその建築の制限が決まっております。

一定の基準をクリアすることで防火地域での木造建築が可能になりました

そのなかでも「防火地域」については近年まで木造の3階建て以上の建物や、100㎡を超える建物は木造では建築できませんでしたので、鉄筋コンクリート造かもしくは耐火被覆した鉄骨造などの工法などが中心でした。それが、2004年に2×4工法、2006年には木造軸組み工法でも木部を一定の被覆をした構造が大臣認定を取得し建築可能になりました。いわゆる木造耐火建築物という建築の方法です。それにより、木造で3階建てやそれ以上の建築、商業施設や規模の大きい建築が可能になりました

木造で建築することにより比較的低価格で耐火建築物を建築出来ます。




住宅ということで言いますとこの大臣認定が取得されたことで高コストの構造でしか建てられなかった土地に比較的低コストで建築が可能になり、お客様の建築の選択肢が広がりました。例えば鉄筋コンクリートや鉄骨造との比較した場合、杭や地盤補強工事のコスト比較だけでも木造とは全く違ってきます。例えばRC造の建物と木造では建物そのものの重量が5倍以上、鉄骨造でも2~3倍くらいはあります。それだけとってもやはり非木造のコストが格段に高くなることはご理解いただけるかと思います。




木造の耐火建築の建築方法は内部の壁には木部を覆うために、通常の3倍以上の耐火ボードの厚みが必要になり、外部に関しても通常のよりも2重、3重に被覆をしてゆきます。それ故に当初から細かい寸法に配慮した設計が必要ですし、現場では職人さんにも高い技術が必要になってきます。

カクイホームでは早くからこの木造耐火建築物を採用して注文住宅に多くの実績があります。防火地域での住宅や特殊建築物などを木造で建てる場合にこの技術が大変有効だと思われます。是非ご相談ください。

カクイホームが対応可能な「住宅を建てたい方」用のコンテンツ紹介
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください