東京、埼玉、川口で注文住宅をお考えなら株式会社カクイホーム トップ > ブログ > 営業ブログ > 『リバースモーゲージ』

更新日:2019/03/07

『リバースモーゲージ』


自宅を担保にして老後資金を借りるローン商品の利用者が増えています。「リバースモーゲージ」と呼ばれ、まとまった金額を借りて利息を払いながら、自宅に住み続けられる仕組みです。
老後生活に備える資金調達手段として考えるなら、商品の構造や注意点をしっかり理解しておく必要があります。

「リバースモーゲージ」は自宅の土地・建物を担保に入れて金融機関から融資を受けます。この点では住宅ローンと同じですが、返済の仕組みが大きく異なります。
住宅ローンは元本と利息を毎月返済するのに対して、「リバースモーゲージ」は利息のみを毎月払います。元本は生存中は返済する義務がなく、死亡後担保である自宅を売却するなどして一括返済をするのが基本です。
借入金利は現在、年3%程度と超低金利の住宅ローンに比べて高くなっています。それでも借り換えに用いれば、月々の返済額が軽くなることが多いようです。

従来このローン商品はあまり広がりませんでした。しかし状況が変わったのは最近のことです。同分野でトップシェアの東京スター銀行によれば「問合せだけではなく、利用者が増え続けている。」といいます。住宅金融支援機構では2018年度の申請数は前年比3倍のペースで増えている状況です。
その理由としては、家を継がせる子供がいなかったり、子供が空家化を心配して相続を敬遠したりする世帯が増えていると分析しています。

このローン商品特有の制約やリスクは、自宅の価値が高いからといって必ず融資を受けられるわけではありません。融資審査において本人の年収も対象になります。あまり年収が少ないと毎月の利息の返済が滞る可能性が有るからです。またリスク面で大きいのは金利の上昇です。とともに自宅の地価の下落リスクも考慮が必要です。最悪の場合、担保割れにより元本の一部返済を求められる可能性もあります。

このように自宅を活用して資金調達する手段は多様化し始めていますが、一長一短があるのでしっかり内容を確認した上で自分に合ったローン商品を選ぶことには変わりなさそうです。

※3/2日経新聞記事参照

■その他「資金計画/住宅ローン」についてはこちらを参照
住宅に関する「ご質問」・「お悩み」、何でもお答えいたします。
まずはお気軽にご連絡ください。
048-261-3328048-261-3328
住宅に関するお悩みはお気軽にご連絡ください